北欧家具メーカー製モノトーン配色のデスク・テーブルの魅力

収納便利な北欧家具

2017年09月27日 13時55分

北欧家具と言えば、シンプルなデザインと、日本でも、それを専門に扱っている
インテリアショップ(というよりも、北欧から来たショップなので、本物の北欧家具屋さんと言えます)も、少なくありません。


そんな北欧家具ですが、我が家も、世界に進出しているリーズナブルな価格で家具を提供している北欧家具ショップで何度か購入したことがあります。
ここで購入した商品は、私が毎日使う、調味料の収納アイテムだったり、子供たちのお皿や食事中のスタイ、
それに、あまり使わないけど、あったらよいなと思うお皿や、ジュースなども、ここで購入することがよくあります。

しかも、北欧家具というのは、食器類などに関しては特に安く、手に入れやすい上に、かわいくてシンプルなデザインが特徴となっているので、
オールマイティな年齢層の男女に使っていただけます。


そんな北欧家具ですが、買うつもりはなかった人でも、買いたいと思うことがあります。
その理由は、比較的リーズナブルであること、そして、シンプルだけどおしゃれなデザインになっているという点です。
さらに、家に置くことで、オブジェとして、おしゃれに存在感を放つからです。

我が家は国際結婚で、旦那はメキシコ人、私は日本人ですが、旦那も日本に行った際に、日本では床に座って食べることがあるということを知って、
これ以後、この食べ方を気持ちよく感じた上に、子供たちには絶対にこの方がしつけよく食べられると思ったのです。

私も、彼に言われて、これは納得しましたし、椅子に座って食べるよりも、床に座って食べる方が、
はるかに食べる際のルールが多くなる上に、姿勢がよくなり、自分自身は快適だったので、床に座って食べることが我が家では日常化されてきています。

だからこそ、北欧家具にあった、低身長のテーブルを選んで、日本スタイルで我が家はいまだにご飯を食べていて、私にとっては、これが、リラックスにつながるのです。

我が家は、今住んでいる国とは違う食文化を、私も旦那も持っていますし、生活スタイルも異なります。
それに、私達が好む北欧家具だって、私達が住んでいた家の文化とは全く異なりますが、シンプル好きな夫婦としては、値段的にもデザイン的にも最高だと思っています。

ですから、北欧家具が、自分たちで組み立てることによって家具の値段が安くなったり、デザインもシンプルでどんな家ともマッチするということも含めて、
この家が大好きです。